3月定例会で来場者されたみなさまからいただいた質問と回答を掲載します

3月26日に角間川親水公園内にある浜倉にて、3月定例会【大仙郷リノベーション~共に語ろう地域の魅力~】を、講師に阿部円香様、岡田登様、東海林諭宜様、コーディネーターに奥ちひろ様をお迎えし開催しました。事業報告と写真はコチラ

来場者されたみなさまよりたくさんの質問をいただき、講師より回答をいただきましたので、掲載いたします。

岡田氏質問と回答

Q1古材の調達方法は古材屋からでしょうか?それとも解体現場からでしょうか?
A1弊社の解体の時に調達し、倉庫に在庫として管理しています。

Q2(移築ではなく)ひき家をおこなった事はありますか?
Q2古民家のひき家、又、蔵のひき家業務として事例があります。

Q3耐震や耐雪対策はどうされていますか?
Q3古民家は依統構法で、免震的(制震的)構造になっており、力を吸収して逃がす為、今の住宅の在表工法の耐震的構造で揺れを伝えない構造としては違いが出ます。耐震に関しましては、材木太さが在表の家とは大きく違います。弊社は、基本落雪や融雪にても検討しています。

Q4高額になるのでしょうか?
Q4比較対象や状態にもよりますが、古民家再生は、新築の同じ仕様と比べるとかかりません。

Q5暖房・冷房などはどのようなものを使用していますか?
Q5基本的には現在の住宅と同じになります。冬は暖炉を使用する方もいます。

Q6古材の耐久性はどのくらいあるのでしょうか?
Q6木材の種類や環境にもよりますが、伐採されてから、杉で300年、ひのきで600年は強度が保たれます(某大学教授による)。

Q7部屋を少なくして天井を抜いたりして、とっても開放的で良い空間が出来ていましたが。寒くはないでですか?
Q7断熱をしっかりして、内部空間での熱環境が保たれるようにいたします。例:床暖を仕様したり、部屋の熱を循環したりします。

Q8古民家のリノベーションを主にやられていらっしゃるみたいですが署名な美術品、骨董品には興味関心はありませんか?
Q8美術品・骨董品よりは古民具や古い家具が好きです。

Q9いろいろな賞を受賞されていますが、今まで一番嬉しかった賞はなんですか?
Q9中間法人日本増改築産業協議会主催デザイナーコンクール、全口最優秀賞を受賞したことです。

東海林氏回答

Q1小規模地域でのエリアリノベーションは可能性はありますか?
A1小規模地域にこそ、エリアリノベーションが有効と考えます。別の言い方をすれば、小規模地域だからエリアリノベーションが可能だと思っています。

Q2.場所には依存しないのでしょうか?(秋田市は、まだ良いが大仙市は?)
A2.場所に依存しないと思っています。基本的には周辺の住民が利用する事業を作ることが必要です。

Q3シェアハウスの年齢層、価格、部屋の広さなどをおしえていただけないでしょうか?又シェアハウスの需要はどのくらいあると感じていますか?
A3シェアハウスの需要は学生のいる町以外は地方では難しいと考えています。もしくは大企業に務める若手社員が多くいる場所か

阿部氏回答

Q1.1年を通して宿泊率はどのくらいですか?
A1.2月と8月です。お祭りのひしめく時期は高いです。

Q2.お客様は朝食、夕食をキッチンで作られているのですか?バーで外食ですか?
A2.節約派の人はコンビニやスーパーで買って来て食べてます。それ以外は外の飲食店にご案内したり、うちのバーでゆっくりしたり。別途朝食は4月から有料で出してますが好評です!

Q3.クラウドファンディングで足りない部分の資金はどちらから調達したのですか?
A3.行政の補助金と国金と親族からの借金です。

Q4.ご自身のゲストハウスのプロモーションは?なぜ外国人が来るのか?
A4.Booking.comという世界的に著名な予約サイトもしくはAirbnb経由が多いです。まあまあよい口コミを頂いているのでそれを見てもらっているのもあると思います。

Q5.HosteL&Berの後の「28Y」とはなんですか?
A5.BY=Brewing Year(醸造年度)日本酒の瓶に記載されてるもので、醸造業界の一年の区切りのことです。7月はじまりなので、28年の夏から改修しはじめてつくったのを意味してます

 

 

 

 

 

 

 

おしごと学校申込み受付終了のおしらせ

先日申込み受付開始した大曲青年会議所4月定例会「おしごと学校」ですが、定員に達したため受付を終了させていただきます。参加を検討されていたみなさまには大変申し訳ございません。大曲青年会議所では今後もみなさまに参加いただけるような事業を企画いたします。今後ともなにとぞ、よろしくお願いいたします。

中和國際青年商會様来訪!

社団法人中和國際青年商會様が3月4日~8日の5日間、来訪して下さいました。
今年で29年目を迎え、ビジネスを軸とした交流を行いました。
沢山の学びがあり、お互いが刺激し合い、成長し合えた時間となりました。
そして、なにより楽しい時間でした。中和の皆様、謝謝!
次にお会いできるのが待ち遠しいです。

 

2月定例会「さらに輝け大仙郷!~ここには君がいる~」開催のお知らせ

2月7日水曜日に「さらに輝け大仙郷!~ここには君がいる~」と題して、一般社団法人大曲青年会議所2018年度2月定例会が行われます。講師に株式会社ウラタ代表取締役社長の浦田一哉様をお招きし、長年の青年会議所での経験を自社へフィードバックして強い会社を作った成功例を含め、青年会議所活動と運動の魅力を伝えて頂きます。青年会議所以外でも、カンボジア人によるカンボジアの国づくり、を理念とした総合建設業・不動産開発事業を通じての人材育成を行うなど多方面で活躍されている方です。

青年会議所とはどういったところなのか、活動して自身が得られるもの会社に持ち帰れるものなどを聴ける、貴重な講演となります。

参加申し込みはチラシに氏名等を記入いただき、大曲青年会議所(FAX:0187-62-0883)までお願いします。

第1回経営セミナーを開催しました。

1月17日(水)に株式会社斉藤光学製作所 様にてアカデミー委員会公開委員会  第1回経営セミナーが開催されました。未来を見据え、社員のことを深く考えた経営は大変勉強になったと共に、一朝一夕では辿り着けない状態であることを強く感じました。

経営者として、そして人としての心構えを学ばせて頂いた 代表の齊藤伸英様をはじめ斉藤光学の皆様、お忙しいところ素晴らしい経営セミナーをありがとうございました。