大曲青年会議所創立45周年のご挨拶

皆様のお陰様を持ちまして一般社団法人大曲青年会議所は創立45周年を迎える事が出来ました。日頃より当青年会議所に対しまして、ご理解とご協力を頂いている全ての皆様に心より感謝を申し上げます。また、45年という歴史を築いて頂きました特別会員であられます先輩の皆様に敬意と御礼を申し上げます。

1973年高度経済成長の終焉を迎える頃、大曲仙北地区に於いて青年が自らの責任で地域を想い行動する青年のみで構成された唯一の組織として辻久男初代理事長をはじめとする60名の青年達が秋田青年会議所様のスポンサー協力を頂き創立致しました。目まぐるしく変化する情勢の中「明るい豊かな社会」を築く為、台湾での花火大会・丸子川クリーンナップ・市民夏祭り・ミニバスケット交流会・サマーカップ・残月花火大会・東日本大震災時の復旧復興作業などなど地域住民の心を動かす活動・運動を重ねてまいりました。

本年度はスローガン

「和」

~信念の共鳴で地域に和を築こう~

のもと、これまで大仙市長選に於けるFM公開討論会の実施・農業に関する公開例会の開催・青少年に向けた職業体験事業「おしごと学校」の開校・水沢青年会議様よりご紹介を頂いて以来28年の交流を重ねて参りました中和国際青年商會様と共に台湾の地での太田の紙風船の打ち上げ事業を行いました。今後は角館高校生徒会様と行う選挙に関する事業、11月に行われます第11回残月花火大会を行う予定です。

大曲青年会議所は活動エリアである大仙市・仙北市・美郷町の2市1町を「大仙郷」と呼び活動させて頂いております。その「大仙郷」も平成の大合併から10年以上経ちそれぞれの市町がまちの魅力を発信し、成果を上げてきていると感じます。我々青年会議所の長期的な活動である広域連携もより強く行える環境となり、大仙郷の魅力を発信することで、沢山の方々が訪れて頂き、訪れて更に魅力を感じ定住して頂く、そんな魅力あふれる「大仙郷」となるよう大曲青年会議所は皆様との「和」を広め、何よりも強い絆を大切に今後も活動をしてまいります、何卒今までと変わることないお力添えとご厚情をお願い申し上げましてご挨拶とさせて頂きます。

平成29年5月吉日
 一般社団法人大曲青年会議所 第45代理事長 澤野秀輝

一般社団法人大曲青年会議所創立45周年記念式典・祝賀会次第