理事長新年挨拶

あけましておめでとうございます。皆様におかれましては、つつがなく新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。そして、平素より一般社団法人大曲青年会議所に対しまして格別のご厚情を賜っておりますことに厚く感謝を申し上げます。また、今日まで大仙郷発展のために惜しみなくご尽力されてきた先輩諸賢の皆様に敬意を表するとともに、私達も現在大仙郷のさらなる発展のために活動させていただいていることに感謝を申し上げます。

さて、創立45周年を迎えた昨年は、本当に多くの皆様にお世話になりました。おかげをもちまして無事に一年を過ごし、本年は創立50周年に向かう新たな一年として、「奮励努力~魅力ある大仙郷の表現者となれ~」のスローガンのもと、会員一人ひとりが立志し、精力的に活動して大仙郷の魅力を発信するべく運動を展開してまいります。私達は青年である20歳から40歳までという最も精力的に活動できる時間のなかで自己修練を重ね、多くの仲間と切磋琢磨しながら自身を鍛え上げております。そして、その過程で意識変革を起こし、自らの視野を広げて多くの情報を得たうえで自身に何が必要なのかを的確に捉え、自己修練を重ねて成長を遂げ、企業の発展のみならず地域に貢献してまいります。私達に平等に与えられた時間は貯められないものであり、貸せないものであり、そして借りられないものです。だからこそ、時間を効率的に使わなければなりません。人生は主に「見たり」、「聞いたり」、「試したり」の三つの知恵でまとまっていると言われておりますが、多くの人は「見たり」、「聞いたり」ばかりで、一番肝心な「試したり」をしていないといわれております。私達は青年会議所という団体のなかで、効率よく自身を管理し、時間を有効に使い、効果を生む可能性を見つけ出し、実行に移して経験を積んでおります。理想無き活動は無意味です。私達は自身に負荷をかけ、活動するなかで得られるものを知っています。私達は、今後も過去から学び、現在に役立て、未来に希望を持ち続けて活動してまいります。

結びとなりますが、本年は会員一人ひとりが地域のリーダーとなるべく奮励努力によって自身を鍛え上げ、組織力の向上も図ってまいります。そして、大仙郷の魅力を発信し、地域の価値をより高めるべく運動を展開してまいりますことをお誓い申し上げまして、新年の挨拶と代えさせていただきます。本年も一年間どうぞ宜しくお願い致します。

Posted in 挨拶.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です